太平洋フェリー「きたかみ」 LAST YEAR 記念 きたかみメモリアル!29年間のみんなの思い出投稿キャンペーン 太平洋フェリー「きたかみ」 LAST YEAR 記念 きたかみメモリアル!29年間のみんなの思い出投稿キャンペーン

29年間「きたかみ」をご愛顧いただいてきた皆様に感謝の気持ちを込めて、
ラストイヤー記念キャンペーンを実施いたします。
これまで「きたかみ」に乗って旅をした思い出を、
写真やエピソードでお気軽にお寄せください。
懐かしい思い出はもちろん、「今乗ってるよ!」という声も大募集!
応募いただいた方の中から抽選で素敵な賞品をプレゼントいたします。

29年間「きたかみ」をご愛顧いただいてきた皆様に感謝の気持ちを込めて、
ラストイヤー記念キャンペーンを実施いたします。
これまで「きたかみ」に乗って旅をした思い出を、
写真やエピソードでお気軽にお寄せください。
懐かしい思い出はもちろん、「今乗ってるよ!」という声も大募集!
応募いただいた方の中から抽選で素敵な賞品をプレゼントいたします。

抽選で素敵な賞品をプレゼント!

  • A賞

    優待乗船券(特等ペア) 2名様

    和室・洋室タイプがございます。
    全個室、海を眺めながら贅沢なひとときがお過ごしいただけます。
    バスタブ・シャワートイレ付。

    ※いしかり

  • B賞

    優待乗船券(1等ペア) 3名様

    ※いしかり

    洋室(「きたかみ」以外はインサイド)・和洋室・和室タイプがございます。個室ならプライベートもしっかり保ちながら船旅を存分にお楽しみいただけます。トイレ・シャワー付。

    ※いしかり

  • C賞

    太平洋フェリーオリジナルグッズ 5名様

    ※イメージ

    太平洋フェリーオリジナルワインやクッキー、船内売店で人気商品のオリジナルジグソーパズルを差し上げます!!

    ※イメージ

  • D賞

    優待乗船券(特等ペア) 2名様

    船内でしかなかなか手に入らない太平洋フェリーのオリジナルカレンダーを10名様にプレゼント!
    2019年を、太平洋フェリーのカレンダーとともにお迎えください♪

キャンペーン応募方法

投稿フォーム応募

「投稿フォームで応募する」をクリックし、写真アップロード、もしくはエピソードを入力(400文字以内)し、必要事項を入力の上、ご応募ください。
※エピソードのみでも応募可。

投稿フォームで応募する

郵送応募

「手書き用フォームを印刷する」をクリックし、手書き用の応募フォームをダウロードし、印刷してご利用ください。必要事項をご記入の上、みんなの思い出投稿キャンペーン事務局宛に、郵送にてご応募ください。
エピソードは400文字以内の文章で、写真は現物もしくはデータを入れたディスクを郵送ください。(ご返却は出来ませんので予めご了承ください。)
※エピソードのみでも応募可。

応募先
太平洋フェリー みんなの思い出投稿キャンペーン事務局 係
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-24-8 いちご名古屋ビル6階

手書き用フォームを印刷する

キャンペーン応募方法

shin
福島から北海道へ

2011年夏
震災の見えない放射能の恐怖で夫婦は子供の影響を心配しすぎ
いらぬ喧嘩の日々を過ごしていました。
そんな時、仙台からのフェリーがあの震災から短期で運航再開し
復興支援で罹災者は格安で乗れるというキャンペーンをすることを
知った我が家はいてもたってもいられずきたかみに飛び込み北海道へ向かいました
子供たちはフェリーに大喜び、甲板での写真、特等室でトランプしてる写真
売店でお買い物してる写真、お腹一杯食べてる写真
どの写真も久しぶりの笑顔でいっぱいでした
北海道でも沢山の思い出を作った我が家は
おかげさまで大きくなった今でも子供たちはフェリー旅にはついてきます
今年は年越しフェリーを楽しみましたよ

このような楽しい思い出を作ってくれたきたかみに感謝ばかりです
お疲れさまでしたきたかみ

2011年夏
震災の見えない放射能の恐怖で夫婦は子供の影響を心配しすぎ
いらぬ喧嘩の日々を過ごしていました。
そんな時、仙台からのフェリーがあの震災から短期で運航再開し
復興支援で罹災者は格安で乗れるというキャンペーンをすることを
続きを見る
知った我が家はいてもたってもいられずきたかみに飛び込み北海道へ向かいました
子供たちはフェリーに大喜び、甲板での写真、特等室でトランプしてる写真
売店でお買い物してる写真、お腹一杯食べてる写真
どの写真も久しぶりの笑顔でいっぱいでした
北海道でも沢山の思い出を作った我が家は
おかげさまで大きくなった今でも子供たちはフェリー旅にはついてきます
今年は年越しフェリーを楽しみましたよ

このような楽しい思い出を作ってくれたきたかみに感謝ばかりです
お疲れさまでしたきたかみ

流雄緒
波を蹴立てて福島沖を行く「きたかみ」

福島沖の僚船との対向は太平洋フェリー名古屋~仙台航路の一大イベント。風や波の状態が良ければ可能な限り船を寄せてくれるため迫力もあって、大海原に響き渡る汽笛や手を振り合う人々の姿は旅情を掻き立てます。自分も乗船する度にデッキへ出て写真を撮るのですが、今の所この仙台発「いしかり(二代目)」の船上より撮影した「きたかみ」が一番上手く撮れたような気がします。

福島沖の僚船との対向は太平洋フェリー名古屋~仙台航路の一大イベント。風や波の状態が良ければ可能な限り船を寄せてくれるため迫力もあって、大海原に響き渡る汽笛や手を振り合う人々の姿は旅情を掻き立てます。自分も乗船する度にデッキへ出て写真を撮るのですが、今の所この仙
続きを見る
台発「いしかり(二代目)」の船上より撮影した「きたかみ」が一番上手く撮れたような気がします。

吉川
娘との自転車旅行

これまで何度となく太平洋フェリーに乗っていますが、初めて乗ったのは10年以上前、娘が小学校4年生のときでした。自転車が好きな娘と二人で北海道自転車旅行しようと思いたったのです。少し贅沢してきたかみの特等に乗り、通常のホテルと何も変わらない個室、海が見える大浴場、美味しい食事、コンサートや映画など、とても快適で楽しく過ごせました。自転車は専用の袋に入れて別の置き場で不安なく運んでもらいました。現地では札幌、支笏湖を自転車で回り、支笏湖では雨でずぶ濡れとなりひどい目にありましたが、今となっては良い思い出です。私の今までで最も楽しかった旅行であり、それ以来のリピーターです。もう娘は親離れしてしまい一緒に旅することもなくなりましたが、きたかみに乗るたびにその旅を思い出していました。思い出の船に乗れないのは残念ですが、新しいきたかみでまた新たな旅を楽しみます。

これまで何度となく太平洋フェリーに乗っていますが、初めて乗ったのは10年以上前、娘が小学校4年生のときでした。自転車が好きな娘と二人で北海道自転車旅行しようと思いたったのです。少し贅沢してきたかみの特等に乗り、通常のホテルと何も変わらない個室、海が見える大浴場、
続きを見る
美味しい食事、コンサートや映画など、とても快適で楽しく過ごせました。自転車は専用の袋に入れて別の置き場で不安なく運んでもらいました。現地では札幌、支笏湖を自転車で回り、支笏湖では雨でずぶ濡れとなりひどい目にありましたが、今となっては良い思い出です。私の今までで最も楽しかった旅行であり、それ以来のリピーターです。もう娘は親離れしてしまい一緒に旅することもなくなりましたが、きたかみに乗るたびにその旅を思い出していました。思い出の船に乗れないのは残念ですが、新しいきたかみでまた新たな旅を楽しみます。

shibasakimasashi
#太平洋フェリーきたかみメモリアル

「きたかみ」の思い出で最も印象に残るのはやはりこの新聞記事。2011年3月11日のあの出来事を乗り越え、そして東北復興のための物資輸送に、29年の歴史の中でも最大の出来事ではないでしょうか。

「きたかみ」の思い出で最も印象に残るのはやはりこの新聞記事。2011年3月11日のあの出来事を乗り越え、そして東北復興のための物資輸送に、29年の歴史の中でも最大の出来事ではないでしょうか。
続きを見る

もっと見る ▼

流雄緒
初めてのフル区間乗船

「きたかみ」に纏わる思い出は沢山ありますが、一番印象深いのはやはり太平洋フェリーで初めてフル区間乗船を果たした船、だという所ですね。
自分にとっては初めての長期旅行、初めての北海道、初めての長距離フェリーフル区間…という正に初めて尽くしの旅行、その端緒を飾ってくれたのが「きたかみ」でした。
名古屋~仙台~苫小牧間の船旅で見た風景や体験した事は、今でも色褪せない思い出として自分の中に息づいています。

「きたかみ」に纏わる思い出は沢山ありますが、一番印象深いのはやはり太平洋フェリーで初めてフル区間乗船を果たした船、だという所ですね。
自分にとっては初めての長期旅行、初めての北海道、初めての長距離フェリーフル区間…という正に初めて尽くしの旅行、その端緒を
続きを見る
飾ってくれたのが「きたかみ」でした。
名古屋~仙台~苫小牧間の船旅で見た風景や体験した事は、今でも色褪せない思い出として自分の中に息づいています。

ちろりん村の村長
妻と・・・タンデムツーリング・北海道

妻とは以前から知り合いでしたが当時、私は既婚、その後三十数年の結婚生活にピリオド、独身生活に戻って一年後、彼女から突然の電話で交際を申し込まれたが、何せ一回りも違う歳の差に加えて彼女は初婚、一度はお断りしたが、その年の北海道ツーリングにも毎日の電話!「私が今まで独身でいたのは、健治さんと結婚する為だったんだ!とわかったの~残りの人生を私と過ごしてください」と・・・ 翌年の北海道はタンデムツー!苫小牧港に向かうフェリーでは下船前のコンサートが有る事を知っていたので8月10日が彼女の誕生日!その日の朝、内緒でお願いしてコンサートの中で「ハッピィバースデー」をと、突然の出来事に涙ぐんだ彼女にそっとネックレスを・・・周りの皆様からも盛大な祝福を受けて最高の思い出となりました!今年はくも膜下出血で突然の別れとなった妻の写真を胸に9月4日苫小牧発「きたかみ」に乗船です。

妻とは以前から知り合いでしたが当時、私は既婚、その後三十数年の結婚生活にピリオド、独身生活に戻って一年後、彼女から突然の電話で交際を申し込まれたが、何せ一回りも違う歳の差に加えて彼女は初婚、一度はお断りしたが、その年の北海道ツーリングにも毎日の電話!「私が今ま
続きを見る
で独身でいたのは、健治さんと結婚する為だったんだ!とわかったの~残りの人生を私と過ごしてください」と・・・ 翌年の北海道はタンデムツー!苫小牧港に向かうフェリーでは下船前のコンサートが有る事を知っていたので8月10日が彼女の誕生日!その日の朝、内緒でお願いしてコンサートの中で「ハッピィバースデー」をと、突然の出来事に涙ぐんだ彼女にそっとネックレスを・・・周りの皆様からも盛大な祝福を受けて最高の思い出となりました!今年はくも膜下出血で突然の別れとなった妻の写真を胸に9月4日苫小牧発「きたかみ」に乗船です。

ナーゴ
フェリーたのしい!

久しぶりに乗船したきたかみ。
前に乗った時は2人だったけど、この時は子供たちも一緒。快適で楽しくて、船旅がすっかり気に入ってしまった娘たちでした。

久しぶりに乗船したきたかみ。
前に乗った時は2人だったけど、この時は子供たちも一緒。快適で楽しくて、船旅がすっかり気に入ってしまった娘たちでした。
続きを見る

jijichan0521
#太平洋フェリーきたかみメモリアル

太平洋フェリーの「きたかみ」が新しくなるんですね^^宮城の実家に行くときはフェリーで帰っていますが、「きたかみ」は、必ず行きか帰りで利用していました^^
私を旦那様が迎えに来てくれた1999年の8月28日。この時も「きたかみ」に乗り、仙台から北海道へ^^
今でも覚えています♪昔はA寝台しか乗れなくて…フェリーのレストランで食事と赤ワインを飲み、記念にワインのラベルをもらってきて…私の新しい生活の記念です^^
旭川に引っ越してから、実家には帰っていないので、今年か来年には、また、フェリーで旦那様と一緒に仙台に行こうと思います^^

太平洋フェリーの「きたかみ」が新しくなるんですね^^宮城の実家に行くときはフェリーで帰っていますが、「きたかみ」は、必ず行きか帰りで利用していました^^
私を旦那様が迎えに来てくれた1999年の8月28日。この時も「きたかみ」に乗り、仙台から北海道へ^^
今で
続きを見る
も覚えています♪昔はA寝台しか乗れなくて…フェリーのレストランで食事と赤ワインを飲み、記念にワインのラベルをもらってきて…私の新しい生活の記念です^^
旭川に引っ越してから、実家には帰っていないので、今年か来年には、また、フェリーで旦那様と一緒に仙台に行こうと思います^^

ay.
期待感

2016年の11月、家族で嵐のコンサートのために初めてフェリーに乗って北海道に向かいました。コンサート当日の朝、周りになにも遮るものがない大海原に昇ってくる朝日がその日のわたしたちのわくわくしている気持ちとぴったりだなと写真を見返していて思いました。太平洋フェリーに乗って嵐に会いに行くことが1年に1回の楽しみになっています!今年も大好きな嵐に、大好きな家族と会いに行けますように。

2016年の11月、家族で嵐のコンサートのために初めてフェリーに乗って北海道に向かいました。コンサート当日の朝、周りになにも遮るものがない大海原に昇ってくる朝日がその日のわたしたちのわくわくしている気持ちとぴったりだなと写真を見返していて思いました。太平洋フェリーに
続きを見る
乗って嵐に会いに行くことが1年に1回の楽しみになっています!今年も大好きな嵐に、大好きな家族と会いに行けますように。

たくちゃん
きたかみが僕を変えた!

幼稚園の頃から将来の夢は太平洋フェリーの船長になる事!なんて言ってた僕でした。そんな僕が初めて乗ったのがきたかみでした!
親父がお小遣い貯めてフェリーに乗せてくれた時はもう嬉しくて嬉しくて!
フェリーオタクみたいになっちゃってます(゚∀゚)
何回乗ってもワクワクでたまらん!

幼稚園の頃から将来の夢は太平洋フェリーの船長になる事!なんて言ってた僕でした。そんな僕が初めて乗ったのがきたかみでした!
親父がお小遣い貯めてフェリーに乗せてくれた時はもう嬉しくて嬉しくて!
フェリーオタクみたいになっちゃってます(゚∀゚)
何回
続きを見る
乗ってもワクワクでたまらん!
気まぐれな旅人
爆弾低気圧で

2012年4月上旬。北海道旅行を計画し、新潟→小樽の船で予約してました。しかし乗船2日前の夕方に見知らぬ不在着信があり、折り返したら「爆弾低気圧により欠航」との無情な通知。慌てて代替手段を検討し、太平洋航路の運航を確認して空席のあった「太平洋フェリー」を予約しました。新潟から空席僅かの高速バスで仙台に向かい、仙台港で「きたかみ」に対面して、計画通りに旅を遂行できる安心感に包まれたのを忘れられないです。緊張から解放された一夜は素敵な航海になりました。

2012年4月上旬。北海道旅行を計画し、新潟→小樽の船で予約してました。しかし乗船2日前の夕方に見知らぬ不在着信があり、折り返したら「爆弾低気圧により欠航」との無情な通知。慌てて代替手段を検討し、太平洋航路の運航を確認して空席のあった「太平洋フェリー」を予約しました
続きを見る
。新潟から空席僅かの高速バスで仙台に向かい、仙台港で「きたかみ」に対面して、計画通りに旅を遂行できる安心感に包まれたのを忘れられないです。緊張から解放された一夜は素敵な航海になりました。
プースケ
震災後の癒し

仙台で震災を経験し、復旧で家にもほとんど帰れない日が続いて、家族共々心身が疲れきっていた。4ヶ月が経過する頃、短い夏休も取れるようになり、子ども達の提案でフェリーの旅をすることに。ちょうど太平洋フェリーさんの震災復旧支援企画もあって、気持ちよく北海道へ旅することができた。北海道では宮城ナンバーを見かけると「大変でしたね、頑張ってくださいね」という温かい言葉をたくさんいただきました。家族との絆も深まり、我が家の忘れられない思い出となりました

仙台で震災を経験し、復旧で家にもほとんど帰れない日が続いて、家族共々心身が疲れきっていた。4ヶ月が経過する頃、短い夏休も取れるようになり、子ども達の提案でフェリーの旅をすることに。ちょうど太平洋フェリーさんの震災復旧支援企画もあって、気持ちよく北海道へ旅するこ
続きを見る
とができた。北海道では宮城ナンバーを見かけると「大変でしたね、頑張ってくださいね」という温かい言葉をたくさんいただきました。家族との絆も深まり、我が家の忘れられない思い出となりました
快速 知多半島
初めての北海道

私にとっての北海道初上陸は「きたかみ」でした。平成2年の夏、「きたかみ」は、ピカピカの新造船でした。名古屋から3日目の朝、デッキから見た北海道の大地には、本当に感動しました。道内を旅行中に網走で2等船室で同部屋だった人と再会したり「きたかみ」は、昔ながらの船旅の醍醐味を味わえました。今でもリニューアルされて美しい姿で活躍する「きたかみ」を見ると嬉しく思います。楽しい思い出をありがとうございました。それでは、引退の日まで「安全航海」をお祈りします。

私にとっての北海道初上陸は「きたかみ」でした。平成2年の夏、「きたかみ」は、ピカピカの新造船でした。名古屋から3日目の朝、デッキから見た北海道の大地には、本当に感動しました。道内を旅行中に網走で2等船室で同部屋だった人と再会したり「きたかみ」は、昔ながらの船旅
続きを見る
の醍醐味を味わえました。今でもリニューアルされて美しい姿で活躍する「きたかみ」を見ると嬉しく思います。楽しい思い出をありがとうございました。それでは、引退の日まで「安全航海」をお祈りします。
  • #太平洋フェリーきたかみメモリアル
    usudonburi
  • #太平洋フェリーきたかみメモリアル
    usudonburi
  • #太平洋フェリーきたかみメモリアル
    usudonburi

応募要項

コンテスト名
きたかみメモリアル!みんなの思い出投稿キャンペーン
開催期間
2018年7月2日(月)~10月31日(水) 23:59まで
賞品
(11月末頃発送予定)
A賞:優待乗船券 特等ペア(往復) 2名様
B賞:優待乗船券 1等ペア(往復) 3名様
C賞:太平洋フェリーオリジナルグッズ 5名様
D賞:太平洋フェリーオリジナルカレンダー 10名様

当選発表

応募締切後、厳選な抽選の上、当選者を決定いたします。
結果発表は当選者に通知致します。
また、当サイト内に掲載いたします。
Instagramダイレクト(Instagramのダイレクト投稿機能)でご連絡いたしますので、公式アカウントを必ずフォローしていただきますようお願いいたします。
当選通知受信後、指定の期限までに、ご連絡先・商品お届け先等・必要事項を指定の方法でご連絡ください。

  • ※当選された方にはダイレクトメッセージを送信するため、Instagram Ver5.0以降のダウンロード、またはアップデートが必要になります。
  • ※お使い端末のInstagramの通知設定(プッシュ通知)をオンにしてください。

キャンペーン応募規約

本キャンペーンに応募の方は、以下をよくお読み いただき、同意の上応募してください。
Instagramにハッシュタグ♯きたかみメモリアルを付けて応募された場合には、応募規約に同意したものとみなします。

応募規約

【作品投稿について】

  • 写真はお1人様何件でも投稿いただけます。ただし、当選はお1人様1回となります。
  • 著作権、肖像権、その他第三者の権利を侵害する写真、公序良俗に反する写真、他人のプライバシーを侵害する写真によるご投稿は、無効とさせていただきます。また当社が不適切と判断した投稿についてはデータを削除させていただく 場合がございます。
  • ご投稿者以外の人物が写真に写っている場合は、その方から許可を得た上で投稿して下さい。
  • 20歳未満の方は保護者の同意を得た上で投稿して下さい。
  • Instagramの場合、アカウント非公開・ハッシュタグがついていない投稿は、応募対象外となります。

【作品利用について】

  • 応募いただいた写真は、当社SNS(Facebook・Instagram・Twitter)およびHP、また太平洋フェリーの宣伝媒体にて使用させていただく場合がございます。

【その他】

  • 本キャンペーンは、Instagramが支援・運営・関与するものではありません。
  • 本キャンペーンの応募にかかるインターネット接続料および通信費は応募者のご負担となります。
  • 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
  • 当選者の個人情報につきましては、賞品送付の目的のみに使用させていただきます。
  • 本キャンペーンの内容について、応募者に事前に通知することなく内容の変更もしくは中止をする場合があります。
  • 本キャンペーンへの応募により発生したトラブル・損害等について、いかなる責任も負いかねます。